クエン酸シルデナフィルのメリットデメリット

ご存知な方も多い「バイアグラ」というED治療薬に含まれる成分「クエン酸シルデナフィル」の利点と弱点

クエン酸シルデナフィルを説明する医師

クエン酸シルデナフィルに危険な催淫作用はありません

クエン酸シルデナフィルを主成分に持つお薬と言えば、バイアグラが有名です。
また近年では、その系統に多くの後発品が現れて来ており、
バイアグラ系ジェネリック医薬品にも、クエン酸シルデナフィルが主たる成分として採用されています。

ED薬はインポテンツに悩む男性向けに提供される製品です。
今では個人的に輸入代行業者から入手する方、専門医から処方される方が増えて来ました。
ひと昔前までED薬は日本国内において、基本的に入手不可能でしたが、
処方された医薬品メンズクリニックや輸入代行業者の頑張りにより、手軽にゲット出来る環境となったのです。

クエン酸シルデナフィルの成分は服用後、極めて早く体内に取り込まれます。
一般的なお薬以上に吸収効率が良く、その効用は30分前後で表面化します。
無論、男性の体質や年齢によって多少前後しますが、
早い方だと15分から20分程度、普通の男性で30分前後、遅い方でも45分から60分程でペニスの勃起が促されます。

バイアグラ系統のお薬は、その強い効き目から時々誤解を受けます。
男性の性欲を必要以上に溢れさせるリスクを持つのでは、と利用を最初から控えてしまう方々もいらっしゃいます。
一部にそういったデマが広がっているため、催淫作用が本当に備わっていると受け取る男性ユーザーも珍しくありません。
しかし、クエン酸シルデナフィルにそういったリスキーな効用はなく、
主成分の作用は、あくまで勃起を促す作用に限ります。
服用後、理性の働きが鈍る危険性や唐突に発情してしまう等のリスクはありません。
クエン酸シルデナフィルの勃起補助効果は、異性からの前戯を受ける事で生じます。
服用後、30分が経過しても勝手に下半身がギンギンに勃起する恐れはなく、
あくまで用意が整うだけであり、女性から性的なアプローチがない限り、無闇にペニスが隆起する恐れはないのです。